ライフ

プラズマクラスターエアコンで風邪予防&カビの抑制と臭いを除去

投稿日:2017年7月16日 更新日:

ついにこの日が・・・

というわけで、今年の夏は暑くなりそうということで、

2年ぶりにエアコン清掃をお願いしたのですが、清掃が終わって数日して使ってみると、「ん?なんか臭い」

掃除をしてもらったばかりなのに?

 

妻も臭いに我慢できずにリビングのエアコンは使っていませんでした。

私は普段は冷房の効いたオフィスで仕事をしているので気になりませんが、昼間に家にいる妻と子供のことを思うとどうにかしないといかん!

というわけで電気屋さんへ行ったのでした。

スポンサーリンク




 

やっぱりプラズマクラス―ターのシャープでしょ!?

 

いろいろ悩んでシャープのエアコン(プラズマ)G-H AY-G28Hに買い替えました

最初はパナソニックの営業さんの説明を聞いて、ナノイーXやらフィルターの自動清掃をした後の埃は屋外に自動排出されるから手間いらずなど、とっても魅力的な機能が満載で、もう心の中では半分以上パナのエアコンでいいかな!とまでその時は思いました。

しかし、ここは早まってはいけないと、ヤマダ電機にも行って違う商品も見てみようと思ったのです。

ヤマダ電気に行ってエアコンコーナーに行くとさっそくシャープの担当のを見つけました。

 

AY-G28Hの特徴

リビング用のエアコンについて相談をしてみると、おすすめは2017年モデルの10畳用。AY-G28Hとのことでした。

その機能の豊富さについていろいろと説明をして頂いたのです。

 

なんといってもプラズマクラスター付き

やはりこれは一番の特徴ですね。

プラズマクラスターの排出量が7000から2500に大幅UP!

現在、日本の病院や産婦人科、老人ホームの役8割にプラズマクラスターの空気清浄機が導入されているらしいです。

プラズマクラスターについてを改めて教えてもらうと、

空気を浄化し部屋の臭いを抑える

カビの発生を抑制する

風邪のウィルスをやっつける

だそうです。

うちのようにまだ小さい子供がいる家にはとてもいいですね。

 

エアコン機能で部屋の空気を冷やしながら、お部屋の空気もきれいにしてくれる優れもの。

しかしこのエアコン、プラズマクラスター機能はついてますが、空気清浄器ではなく、あくまで空気浄化器とのことでした。

 

一応、空気清浄器の定義としては、花粉とPM2.5を捕まえられるものでないと、空気清浄器と言ってはいけないそうです。

なのであくまでもこのエアコンは空気浄化機能のついたエアコンということになるそうです。

 

プラズマクラスターイオン運転

お部屋の空気を清潔にする機能ですね。

【消臭空気浄化】ボタンがあるので、特に暑くも寒くもないけど、部屋の空気だけきれいにしたい場合に有効です。

もちろん、部屋を冷やしながら平行して空気もキレイにしてくれるのでとっても便利ですね。

また送風機モードもあり、サーキュレーターとしても利用可能。

 

洗濯物を部屋干しする時にも除湿や暖房運転で洗濯物の付着臭を分解・除去できるので1台で何役こなせるの?

というくらいお得な製品ですね。

(もうこのあたりの説明でかなり心が動いています。)

 

ちなみに、空気清浄器でたまに気になるあの「チリチリ」とした電気音は全く気になりません。

スポンサーリンク




プラズマクラスターパトロール

この機能には、お部屋パトロールと内部パトロールの2種類があります。

エアコンが一番カビるのは利用していない時なのです。

冬の間は他の暖房器具を利用するので、全くエアコンを利用しない方もいるでしょう。

しかし、そんな時に一番カビははびこるのです。

お部屋パトロール

エアコンを利用しない、もしくは停止中に部屋がカビの発生しやすい温湿度になると、自動でプラズマクラスターの単独運転を開始し、部屋に生えるカビを抑制してくれます。

同時にエアコン内部の空気も循環することで、エアコン内部のカビも抑制してくれるとのこと。

 

内部パトロール

エアコンを利用しない、もしくは停止中に部屋がカビの発生しやすい温度湿度になると、自動でファンを逆回転で運転します。

この機能によりエアコン内部の空気が動き、プラズマクラスターイオンをエアコン内部に行きわたらせてカビを抑制するとのこと。

 

エアコンの臭いが気になるというのは、エアコン内部のカビが原因であり、それを取り除くため、発生を抑えるために常にエアコン自身が監視しているということですね。

しかも本体だけでなく、プラズマクラスターを散りばめながらお部屋のカビも抑制してくれるため、特に気密性が高い住居にもおすすめなんだとか。

うちはエアコンはほぼ冷房しか利用しないのですが、とにかくカビが抑制できる。

この機能が一番重要だと思っています。

 

自動フィルター掃除

パナのエアコンにも自動フィルター機能がついており、しかもその埃を部屋の外に排出するところまでやってくれます。

これは本当にお手入れいらずでとてもいい!

と思っていたので、その質問をシャープの人に聞いてみました。

すると、あの機能は確かにいいのだけれど、他のメーカーはみんなやめたんですよ。とのコメントが。。。

理由は以下です。

・ゴミを排出する管を通すために一般的なエアコンと室外機をつなぐ配線や管を通す部分の穴を、他のメーカーより大きくする必要がある。

・電源を切っても掃除時間が長く、長いと掃除で1時間、乾燥で1時間、と計2時間くらい自動運転してしまい、その掃除音がクレームになったこともある。

確かにこれだとリビングならまだしも寝室では正直ちょっとうるさくて、寝れないのでは?とイメージしてしまいますね。

しかしシャープのこの製品のお掃除は20分くらいとのことでした。

(後で調べてみると最新のパナのエアコンは、掃除時間が従来より4分の1に短縮されたとの情報もありました。)

 

内部清掃にかかる時間について

ここで補足追記しておきます。

内部清掃の時間については、シャープもそこそこかかるというお話しです。

それはプラズマクラスターを内部放出する内部清掃ですが、清掃は自動と手動の2種類あります。

自動で行う場合は、エアコンの停止ボタンを押すと勝手に始まるのですが、その時間は停止前の状態により変わってくるそうです。

(説明書より抜粋)

・停止前の状態が、「冷房」「除湿」「部屋干し」であった場合、内部清掃の時間は「70分~90分」

(この間送風運転も実施)

・停止前の状態が、「暖房」「扇風機モード」「プラズマクラスターイオン」であった場合は20分の送風運転。

だそうで、結局パナソニックとあまり変わらないのかなあと思っています。

実際使ってみると、お掃除音はさほどうるさく感じません。

朝5時くらいに起きるとなにやら送風運転をしている時もあり、勝手に見張ってくれているのが良くわかります。

 

では手動運転って?

これは、「エアコンは利用していない時に一番カビる」と先ほども書いたように、エアコンは年間通して使わない期間が3,4ヶ月できてしまいます。

(我が家では暑い時期しか使わないので、半年以上は未使用期間があります。)

その間、月1回程度、手動で内部洗浄することによりカビの発生を抑えるというものです。

そのため、暖房の熱が天井付近に上がっている冬の時期でも、この手動清掃をすればお部屋の空気の循環もできてしまう一石二鳥な便利機能なのです。

スポンサーリンク




 

購入金額について

私がこのエアコンを買ったのは、7月中旬に差し掛かるちょっと前でしたが、たまたセールと重なっていたため、10年保証付きで¥112,052円でした。

リサイクル費用はどうしてもかかるものの、その他の工事費は一切かからないという説明でした。

ちなみに、ジャパネットタカタにも同じ機種?で見積もりしてもらったら、15万ちょいの金額でした。

「ヤマダ電機さんは安いですね。」

と、店員さんに話したところ、

「ジャパネットさんも充分安いと思いますが、うちの方も努力してますので」との返答が・・・。

同業他社を傷つけない素晴らしいコメント。

 

気になったのが、ジャパネットのサイトでは確かに製品の型番は” AY-G28H”となっていたのですが、16年モデルとなっていました。

ヤマダでは17年モデルであり、販売開始してからまだ2ヶ月しかたったいない新商品と説明を受けていたのです。

これについても再度シャープの店員さんに確認してみたのですが、Hシリーズがつく製品は2017年製からなので、間違いないとのこと。

(あちらは2016年モデルの記載でしたがたぶん”H”と書かれていなかったので別物かもしれません)

 

取り換え工事について

さて、ここからは実際に購入から取り付け完了までのお話しです。

ヤマダ電機では7月から8月のお盆時期まで、工事業者さんを2倍に増やすそうです。

このおかげて、ジャパネットでは役3週間先だった工事日が、ヤマダ電機では1週間未満で取り付け工事を完了することができました。

この工事対応の速さもヤマダ電機で購入を決めた理由の一つです。

 

ちなみにこちらが交換前の古いエアコンです。

なぜか清掃をお願いしたのに、カビ臭が消えませんでした。

 

また今まで利用していたエアコンは、12年以上前の14畳用のエアコンだったのですが、今回はシャープの10畳用に変えたことにより、使用電源も200Vから100Vに変更する必要発生し、部品代と工事費でプラス\5000程かかりました。

補足ですが、工事業者さんが車で来た場合に有料Pに止めてもらうしかないとしても、その費用は請求されません。

あと、寸法も計っておいた方がいいかもしれません。

うちの場合、本体の横幅は古いものと同じでしたが、縦幅が小さくなっていました。

エアコンを付けてから壁紙を貼ってあったので、

エアコンの上部分は5センチ程、壁紙が無い状態となっています。

工事業者さんが下から見て分からないよう、下の寸法はうまく合わせてくれたので目立づに済みました。

 

1週間使ってみて

今のところ順調に充分に我が家のリビングの空気を冷やしてくれています。

そして空気を浄化しながらカビの発生も防いでくれているものと思いますが、

ちょうど1週間経ったので、フィルターについた埃はどんなものかと思って確認してみました。

取り外しは、お店で店員さんに見せてもらっていたので簡単でした。

 

掃除機と同じブラシがついており、このブラシがフィルターの汚れを掃除してくれます。

 

どれどれ(._.)、まあそんなに汚れていないだろうと中を開けてみると・・・

ちょっと分かりづらくてすみません。

下の方にうっすらと埃がたまっていました。

埃を捨てるのは1年に1回でいいと店員さんは言ってましたが、このペースだともう少し頻繁にゴミ捨てを行わないとすぐにパンパンになりそうです。(-_-;)

 

まとめ

会社の先輩の家ではパナソニックのナノイーが出て内部清掃をして同じようにカビを防いでくれるエアコンを使っているそうですが、それでもやはりカビたそうです。

きっとこの商品も1年か2年でカビると思います。

(よっぽど1年中使い続けていれば、メーカー営業さんが言うように外部に清掃を頼むのは5年に1度でいいのかもしれませんが)

ですが、とくに小さいお子さんがいるご家庭では、気にされた方が良いと思います。

私は少し気にしすぎな方かもしれませんが、

現在、カビや空気中のばい菌はお子さんのアレルギーやアトピーの原因のひとつとも考えられているそうです。

なので私の家のように、もう交換部品もないような10年以上前のエアコンを使っている方は、買い替えも検討されてもいいかもしれません。

真夏日なら冷房を使いますが、30度前後なら除湿でも充分冷えます。

 

エアコンを選ぶときのポイントは何なのか、それをある程度決めた上で電気屋さんにいかなければ、流暢な店員さんのしゃべりに圧倒されて本来自分は何を一番大事にしていたのかを忘れてしまうこともあるかもしれません。

なのでいくつか気になった点をまとめておきます。

・何畳用で選ぶのか?(目安:木造10畳用なら鉄筋コンクリートで役12畳分)

・電圧は何Vなのか?寸法は?(現状と差はあるか?)

・電気代やフィルター等のランニングコストは?

・その他の費用は?

・保障期間は?

・工事日は?

・アフターフォローは?

とまあこの辺りを事前に頭に入れておいて、商品説明を受けたり相談されれば問題ないのではと思います。

あとうちの妻も勘違いしていましたが、だいたい家電売り場にいる方はお店の方では無く、メーカーから派遣された方です。

なので自社製品について詳しいのは当たり前で、思わずその場で買ってしまいそうになるほど商品アピールも上手なのです。

しかし、その商品説明は同業他社を批判しない内容になっているはずです。

なので、いろいろなメーカーの人からその商品のアピールポインを聞きたいという方は、周りに他の店員さんがいない時に話しを聞くか、お目当てのメーカー営業さんがいなければ、面倒でも他の店を回ってみた方がいいかもしれません。

また一度持ち帰って、自分でサイトやクチコミを調べるなどして購入を検討されるのも良いかと思います。

 

スポンサーリンク







-ライフ
-

関連記事



Copyright© いいとこさがそ , 2017 All Rights Reserved.