ライフ 美容と健康

なんで歯間ジェットで歯を清潔にしたくなったのか?

投稿日:2016年3月27日 更新日:

歯と歯茎のため、歯間ジェットブラシを購入。
1年ぶりに歯医者に行って歯のクリーニングと虫歯を調べてもらったところ、小さいが虫歯になっている歯が見つかり、若いころに治療してもらった銀の詰め物も摩耗して小さくなっているというのだ。
と、それ以上にショックだったのが、歯茎が数ミリ下がっている歯が多かったことだ。
毎日歯磨きはしている、なのに歯茎が下がっている、それってどうなの・・・

 

歯茎が下がるってどういうこと?

それは歯を支える骨が溶けてきているということ。
それに合わせて歯茎も下がるのです。
歯茎の中に雑菌が繁殖すると歯を支える骨が雑菌(歯周病)に感染しないよう、自ら逃げるように密度を減らし溶けていくそうです。
その結果、歯を支え骨を守る歯茎も下がっていくことになります。
そう、ちょうどヒザ下まで履いた靴下が、スネの筋肉が弱り、足が細くなることによりずり落ちやすくなってくるのと同じです。菌は時間をかけゆっくりと侵攻してくるのです。

歯と歯茎の健康を守るにためには歯垢を取り除く 。

20160327_231613[1] (640x360)

歯の表面についた歯垢なら歯ブラシで結構取れます。
電動歯ブラシを使えばさらによく取れるのかもしれません。
歯ブラシで取れない歯と歯の間につまったものを取るにはフロスや糸ようじでどうにかなります。

歯周ポケットに残った食べカスを取るにはどうすれば?


とくに奥歯と歯肉の間に詰まった汚れはなかなか取れません。詰まったことに気づいてしまった時は最悪です。どんなに取ろうとしてもなかなか取れない。
舌先でなんとかしようとしても取れない、うがいをしても取れない。
そんな時ってすごいストレスですよね。

ついつい、つまようじで取りたくなりますが、先を折ってみてももなかなか取れるものでもありません。
なんなら歯茎を傷つけることにもなりかねません。
毛先が極細の歯ブラシを使っても、歯と歯茎の間に入るのはせいぜい2ミリくらいだそうです。
だからこそ、歯周ポケットの掃除には歯茎の奥まで水流で吹き飛ばすことができる歯間ジェットが一番なのです。

置き場所がないという方はこんなハンディータイプもあります。
お口の清潔とスッキリ感をぜひ体験してみてはいかがでしょうか。


歯間ジェットの使い方(経験談)

スポンサーリンク







-ライフ, 美容と健康
-, ,

関連記事



Copyright© いいとこさがそ , 2018 All Rights Reserved.