ボディブラシ ライフ 美容と健康

ボディブラシのおすすめ活用術!背中を洗うだけじゃもったいない

投稿日:2016年4月13日 更新日:

スーパーやデパート、おしゃれグッズを取り揃えるお店からホームセンターまで、いろいろなお店のお風呂グッズコーナで見かけるボディブラシ。

ああいうブラシを購入して使うのって、やっぱりお風呂好きで、ボディケアを大切にしてる女性だけなんだろうなあと、ゴリ男のわたしはあまり気にも留めていませんでした・・・

スポンサーリンク




ボディブラシって必要?

いえいえ、私はいままで全く使ってませんでした。

嫁さんも「使わない派」だったので、とくに我が家に必要なものとは思っていませんでした。

なんなら大きくて使いづらいだろうし、無くても充分だと。

普段は石鹸だけで体を手洗いしており、ボディタオルで体を洗うのはせいぜい1週間に一回程度、または汗をいっぱいかいた日くらいです。

持ってても使わないよね?くらいに思っていました。アテロームになるまでは・・・

背中がかゆくなる原因は?

わたしは普段、背中をかくためだけの棒っきれを持ち歩いています。DIYで余った細長い木材をカバンにしのばせ、背中がかゆくなった時にすぐに取り出してかくためです。

しかし通勤電車の中でも、オフィスでも背中をかいている人ってあまり見かけませんよね?

ひんぱんにかゆくなるのは何か原因があるのでは?と思い、よくよく背中を確認したら、プチッっとなにやらできものがあったのです。

少し赤いものが2つ、そのうちの1つは真ん中に黒い芯のようなものがありました。よくかゆくなるのは肩甲骨の内側の背骨付近です。

ちょうど手洗いだと手が届かい場所です。

わたしは顔が脂性で、身体は乾燥肌というやっかいな体質なのですが、背中をあまり洗わないのと(シャワーのお湯で流して終わり)、お風呂あがりの背中のケアなんて一切してこなかったせいか、いつのまにか背中にニキビができてしまっていたのです。

スポンサードリンク

背中洗いでニキビやアテローム予防

背中ニキビやアテローム(粉瘤:ふんりゅう)の予防に大切なことは、皮膚を清潔に保つことです。

若い頃に比べ、代謝の量が少なくなってきているとはいえ、背中も汗や皮脂で汚れがたまっていきます。

皮膚の代謝で汗や老廃物の排出がうまく出来ず、毛穴や小さなひっかき傷に汚れが入り込み、袋状のものができていくのがアテロームです。

原因はビタミン不足やストレス、ホルモンバランスの乱れだったりします。

仕事が忙しくなったり、情緒不安定なことが多いと、知らないうちにストレスが表面化していきます。

アテロームは放っておくと徐々に悪化し、肥大化することもあるようです。

赤いニキビっぽいものの中央に黒い点を見つけた場合は、すぐに皮膚科に行って治療してもらうことをおすすめします。

ちなみに私が病院に行った時、その治療はすぐに終わりました。

背中のアテロームの除去にかかった時間は、わずか2秒程度だったと記憶しています。

 

Tシャツをまくり上げ、イスに座って先生に背中を向けた状態の私。

先生:「ちょっとだけ痛いですよ~」

(^◇^)」

 

私:「はい、大丈夫です」

(; ・`д・´)

 

シャオッ!!!(治療音)

 

(この間わずか2秒、いや1秒だったかも。)

先生:「はい、終わりましたよ~」

(^◇^)

 

治療の時、私の背中に一瞬激痛が走りました。

どうやら先端がスプーンのようになっている細長い棒で、私の背中のアテロームを一気にこそぎ取ったようです・・・

 

あらっ、結構ザツ?・・

 

そんな感じなんですね(;・∀・)

 

先生:「背中を洗うのは2,3日たってからにしてくださいね」

私:「はい、ありがとうございました」

その後、アテロームを取り払った傷口に小さなばんそうこを貼ってもらい、無事治療が終わったのでした。

しばらくはヒリヒリしましたが、数ヶ月で傷跡も目立たなくなり、傷後はほとんど分からなくなります。


 

お風呂上りの背中ケア

お風呂あがりの皮膚はとても乾燥しやすいですよね。

暑い湯船やシャワーの後はなおさら乾燥しやすくなります。

私もお風呂上り、顔だけは化粧水をするようにしています。
(しないと顔面から粉が出てしまうという厄介ヅラ)

しかし背中は?というとほとんど何もせず放置してきました。

これがよくなかったのかもしれません。

お風呂の後で背中を放置すると、毛穴や角質のスキマが開きっぱなしになり、そこにまたバイ菌や汚れが入って背中ニキビができてしまう。
という悪循環が起こってしまうのです。

顔だけでなく、背中の肌ケアにも適度な保湿は必要です。

自分の背中が痒くなる時は、大抵お風呂あがりの数時間後だったり、空気が乾燥している時によくなる傾向があります。

特に背中のように手がなかなか届かず、おろそかになってしまう部分こそしっかりとケアしてあげるべきだったのです。

ちなみに背中の保湿って何を使えばいいの?

ってことになりますが、わたしはその辺のスーパーや薬局で売っている、保湿クリームや乳液で充分かとおもいます。

とにかく保湿してあげればいいという考えです。

ですが、もっとキレイな”若見え背中”にしたい!という方にはこんな商品があるのをご存知でしょうか。


Dr.アシュケア 薬用メディローション250ml 2個セット

カントリー&ストリーム 薬用グリーンボディローション 200mL

今は背中にクリームや化粧水をぬってくれるパートナーがいない、という方にはこんな便利な商品もあるようです。

1人のときでもしっかりケアしたい!

軟こうぬりちゃん ピンク

背中ブラシのおすすめ活用術!

DSC00015

すみません、話しを元に戻します。

ここであえて背中ブラシと書いてみましたが、本来ボディブラシはお風呂で背中洗いメインで使うものだと思っていました。

でもそれ以外にいろいろと”若見え”のための活用法があったのです。

もう何度もこすられたネタかもしれませんが、たまたまこのサイトに辿りついた方の中に、それは知らなかったと言ってくださる方もいるかもしれません。

実はわたしもこのブログの記事を書いている最中にいろいろと調べていたら出会ったネタです。

本当はそのもう少し先に私が一番おすすめしたい活用法があるのですが・・・。

 

血流促進でデトックスと美肌効果

ドライブラッシングという言葉を聞いたことはありますでしょうか?

いわゆる寒風摩擦のことのようです。乾いたボディブラシを使って(しかも豚毛推しのサイトが多い中)、こんな活用法もあったのかと驚いて頂けたら幸いです。

 

まあわたしはドライブラッシングにはあまり興味がありません。
 余談ですが以前どこかの番組で、俳優の高橋秀樹さんが寒風摩擦の一環で、タワシを使って毎朝、顔面ブラッシングをしているという映像が流れ、真っ赤になった顔を見たお医者さんに「あまり良いことではありません」と叱られているのを見たことがありました。
こんなことする人もいるんだなあと驚き、やるもんじゃないなと今でも記憶に残っています。

ボディブラシはお風呂場で使うものだし、豚毛にもこだわりないし。寒風摩擦を今から始めるつもりもないので・・・

そんなことより、一番お伝えしたいことは、

ボディブラシで足を洗うと、ものすごく気持ちがいい!

ということです。

あの毛量で洗うこと自体、少し贅沢に感じる程です。

最近の歯ブラシのCMで、海老蔵さんが出ているのがあったかと思います。

「贅沢は、毛束の量と見つけたり!!」というフレーズが印象に残りますが、別に海老蔵さんが言っているわけではなく、ナレーションの人が言っていますが・・・。

普段、ボディタオルや素手で足も洗っているという方は、是非ボディブラシを使って洗ってみてはいかがでしょうか。

くるぶしの辺りや、指の関節のシワや足裏の足紋に至る一筋一筋まで、その洗い心地の気持ち良さたるや、今まで使ったことのなかった私にとっては、極上の洗い心地と爽快感を与えてくれました。

一度この感覚を味わってしまったために、今後手放せないお気に入りのアイテムの一つとなってしまったのでした。

【プレミアムスリムビオ】

 

■おすすめ記事

>>身体の垢が溜まりやすい場所が気になる方はこちらの記事へ

 

>>足の臭いが気になるという方はこちらの記事へ

スポンサーリンク







-ボディブラシ, ライフ, 美容と健康
-, ,

関連記事



Copyright© いいとこさがそ , 2017 All Rights Reserved.