ライフ 階段部

階段で足腰を鍛えて健康を取り戻す

投稿日:2016年4月23日 更新日:

普通に生活するだけだと、ゆるやかに衰えていく体力。
気持ちは20代、でも身体は・・・

体力が衰えたと感じる兆し

日々の生活の中で、体力が衰えたなあと感じる時ってありますよね。
買い物に行くと休憩が増えるようになったとか、身体を動かしていると息が上がりやすくなってきたとか、夜更かしや徹夜やが翌日に響くようになったとか。

20代は遊びで、30代は趣味で、40代は仕事で疲れやすさを実感し始める

疲れ知らずの20代。遅くまで遊ぼうがお酒を飲もうが回復も早く「衰え」を実感することも少ないのではないでしょうか。
30代に入ると仕事の負荷も責任も増え、たまの休みがあっても遅くまで寝ていたり、寝ても疲れが取れてないと感じることが多くなってきます。
そして40代に入り、私のようにスポーツや運動で体を動かすことから遠ざかっていると感じるようになるのが、仕事の体力の衰えではないでしょうか。

残業する体力が減り、集中力が衰えた。

以前は一度仕事に集中し始めると、2,3時間はあっという間に過ぎていた気がします。「もうお昼か」とか「もう17時か」というようなことが多かったのですが、最近は集中力を持続できる時間が短くなってきていると感じています。
f1e6abda74c48b8189fe4a1b8fe41880_s

以前は夜遅くまで残業していても平気で、むしろ夕方6時くらいから自分の中に別のテンションが沸き起こり、「さあ、ここからもう自分の仕事をしよう」とか「やるべきことをやってしまおう」という意欲があり、体力もあり夜10時11時まで仕事をするのも苦では無かったように思います。

やる気はあっても体力がついてこない。最近明らかに疲れやすさを実感

これがアラフォーが感じる衰えなのか。これからもっとバリバリ働かないといけないのに、こんな調子でいたらアラフィフやそれ以降まできちんと仕事が続けられるのだろうか?このままではマズい・・・。
老いという足音が聞こえ始めるのもこの頃からではないでしょうか。

ジムに行くのはちょっと・・・家だとやる気が出ない

違う会社ですが、一緒に仕事をする方の中には私より年上で、今でも社会人サッカーをやっており「まだまだ20代に当たり負けしない」という堅強は肉体を持っておられる方もいました。
羨ましいなあ、私もサッカーは30代のころまでやっていましたが、今はとても走れる体力はありません(;´・ω・)

近くにスポーツジムもあり、会社帰りに寄って体を鍛えることも可能ですが、今の私にはきっと器具を使いこなすだけの基礎体力もないので、どうせ通っても3日坊主になるだろうし、お金もかかるしもったいない。

それだったら、家に帰って適度な筋トレや、休みの日にマラソンをして健康的な汗を流し、体のメンテナンスをすればいいじゃん。
と思われる方もいるかもしれませんが、私のように家に帰るとダンベルよりビール缶に手が伸びてしまう習慣がついていると、なかなかそれも難しいのです。

家での習慣は変えずに外での習慣を変える

家に帰ってからの習慣は変えず、会社での習慣を変えてみる。これもひとつの手かなあと思ってます。会社での階段運動ならスキマ時間でできますし、何よりどうせ朝から晩まで長い時間拘束されるのですから、その間に済ませてしまえば、家に帰ってから寝るまでの間の貴重な時間を自分がやりたいことに割くことができます。

(なんて怠惰でものぐさな私・・・)

自分に都合の良い考えばかりですね。

まあ、致し方なし。

と開き直り今日もお仕事お仕事・・・(; ・`д・´)

スポンサーリンク







-ライフ, 階段部
-,

関連記事



Copyright© いいとこさがそ , 2018 All Rights Reserved.