ライフ

新入社員が研修を受けてる時期の態度がとてもいい

投稿日:2016年5月26日 更新日:

新入社員になって数ヶ月経った頃の人の表情って、見てると皆いい顔してますね。初対面ながらも同期の間で信頼関係を築いていこうとする様が見てとれます。

今日たまたま団体さんの新入社員とエレベータが一緒になったんです。私はひとり。あちらは十二、三人いましたかね。仲がとても良さそうで飲み会の帰りだったんでしょう。

一度に全員乗れるかな?なんて会話をしながらエレベータに入ってきたので、私は入り口に一番近い所で「開く」ボタンを押し続け全員が乗れるよう身をすぼめていました。その時誰かが言いました。

「すみません」と。これで一気にそのエレベータ内の空気が作られたのかなあと感じました。

新入社員の心遣いが気持ちいい

私もそうだったかもしれませんが、新入社員の頃って社会人の心構えとか、挨拶とか、先輩上司に対する言葉遣いだったり、いろいろと客観的に自分を見れる時期ですよね。へんなヤツに思われてないかな?とか。自分の行動や思いだったりを同期のメンバー内で擦り合わせしながら、他人の意見を尊重したりされたりしながらブラッシュアップしていくことに興味が注がれる時期なのではないでしょうか。

居酒屋終わりに放たれるちょっとした気遣い

酒の席であろうとなかろうと、気遣いができる人は伸びると思います。その人の仕事も人間性も含め。そして空気を作る一歩を踏み出せる人というのは、自然と回りから注目を集め、意識を向けられる人ようになります。

私は今日、団体さんの中ひとりで1Fに到着したエレベータの中、全員が降りるまでずっと待とうと思ってボタンを押していたのですが、最初の人は早く降りようとしてそそくさと降りました。それにつづき何人か降りました、そして3分の2くらいの人が降りたあたりでしょうか、誰が先に降りる?というような譲り合いが始まるあたりで、その内の一人が一言「すみません」と言って会釈して降りたのです。

わたしは少し降りる順序を気にしている新入社員っぽい人たちに、「どうぞどうぞ」と先に降りることを促しました。
その後からは、全員が私に一言かけながら降りていったのです。

最初に発する勇気

あ~そうか、新人の頃ってみな就職活動に励む中で、謙虚さと礼儀をわきまえてきた人たちなんだな~と思ったのです。そいうことができる人かどうかも採用担当の人は見ているんだろうなと思いました。

まあ中にはそれに気づかず1年目で悪い評判がたち、2年目に突入しても気づかない人は修行に出されることもあります。どんなに大きな会社に入っても一個人では仕事はできないんだよということを考えて欲しいからですね

もう自然とその辺を考える、同期を仲間をそして時に全然関係ないエレベータに乗り合わせたおっさんにも気遣いができる人って、新入社員であろうとなかろうとステキだなあ~と思うのです。

自分が逆の立場だったらどう思う?

今日このエレベータに乗り合わせ新入社員らしき人達は、きっとそういうことを考える習慣を身につけている人達なのかな~。私も自分の子供達にはそういう気遣いや他人にすら、もしくは自分の些細な状況にも気づきができる人になって欲しいなあと思う今日この頃でした。

その時できない人も後で出来るようになるかもしれないけど、いつできるようになるかも分からない、そのままずっと言えない人は一生言えない。でも今できる人ってこれからもずっと言える可能性がある。

子供が幼少の頃から10割の思いを親が言って伝えようとしても、きっと1,2割のことしか子供には伝わらないんだろうけど。。。それでも今日のような気持のよい新社会人になってくれたらいいなあ思います。

おわり

スポンサーリンク







-ライフ
-

関連記事



Copyright© いいとこさがそ , 2018 All Rights Reserved.