娘_幼稚園 娘の成長 子育て

子供の言葉遣いが悪いのは親のせい?

投稿日:2016年6月9日 更新日:

こんばんは。今日は子供の悪い言葉遣いについてです。
 
 
「子供の言葉遣いが悪いのは、親のせいだ」
 
「親の言葉遣いが悪いから、子供がまねするんだ」とよく言われますよね。
 
 
でも皆さん、子供の前でそんなに悪い言葉遣いをしてますか?
 
しょっちゅう夫婦喧嘩してますか?

 

親のせいと言われても・・・。
 
思い返してみても、実際に子供がいる前で、
 
そんなに悪い言葉遣いをされてる方は少ないのではないでしょうか。
 
ましてやこれからいろいろな言葉を覚えていって欲しいと願う子供に対して
 
あえて悪い汚い言葉から覚えさせようとする親はいないはずです。
 
 
悪い言葉、例えば「うるさい!」とか「バカ!」とか。
 
何か子供の良くない言動を指摘したり注意したりときに
 
こんな言葉で言い返されたら悲しいですよね。
 
 
ある日、うちの娘が朝食に出されたパンをひじを付きながら
 
食べてい場面に遭遇しました。
 
 
私は食事中のマナーに気付いてもらおうと
 
「あれ、そんな食べ方はお行儀悪いよ」と娘に言いました。
 
1回目は無視。無視してパンをパクパク。
 
 
「ひじをついて食べるのは良くないことなんだよ」と言った時、
 
 
娘が、「うるさーい」と言い返してきました。
 
 
(ショック!!)
 
 
・・・少し間を置いてから少し語気を強めて
 
 
「ひじを付いてはダメだよ」
 
 
「うるさーい」
 
 
「ダメって言ってるでしょ!」
 
 
「うるさい!」
 
 
この醜い応酬がしばらく続き、
 
朝のおだやかなの食卓の空気をグッと重くしたのは言うまでもありません。
 
 
子供に力づくでやめさせるのは簡単です。
 
でも自分でわかってやめてくれるようにさせるためには
 
根気強く丁寧に言い聞かせを続けるしかありません。
 
 
10回言い聞かせたら、100回言い聞かせたら
 
ひじを付かないようになるかもしれません。
 
そのためには、最初の1回目なくして目標には到達することできないのです。
 
 
私は子供に直して欲しいことには優先順位をつけて叱る、もしくは言い聞かせるように意識してます。
 
今はたくさんありすぎて、全て注意していたらこちらの体力が持ちません。
 
 
ひとつのことを根気強く言いきかせていくことで
 
連鎖反応で理解してくれることもあるはずです。
 
 
ゆっくりゆっくり。
 
ひとつひとつ丁寧に覚えていって欲しい。
 
そう思いつつ、
 
今日も育児という戦いが始まるのでした。
 
 

スポンサーリンク







-娘_幼稚園, 娘の成長, 子育て
-, ,

関連記事



Copyright© いいとこさがそ , 2018 All Rights Reserved.