ライフ

ZAIGLEでホンビノス貝を焼くときの注意点

投稿日:2016年6月4日 更新日:

 

みなさんこんにちは。
実家に子をふたり連れて、うちの姉さんが遊びに来ました。部屋の中や近所の公園遊びだけでは退屈だろうと、じいじが近所の海へ潮干狩りに連れていってあげたそうです。

そして「お土産だよー!」ともらったのがこの貝でした。
ん?
これは噂に聞いたことがあるあの貝ではなかろうか
DSC00108.JPG
娘の拳よりデカイ!!
こんなものが砂浜に埋まってるなんて驚きです。
重さにして・・・
DSC00107.JPG
236グラム!?
1つでこの重さ。なんと大きな貝でしょう。
せっかくもらったものの、どうやって料理しようか迷います。

焼いてもよし、煮てもよし。

 

スポンサードリンク




 

別に船橋の沿岸だけで採れるわけではないんですよね。
なんならうちの近所の砂浜にもいます。
この貝はもの凄く生命力と繁殖力があるそうです。
その強さはアサリやハマグリの比ではないという。
そして味もハマグリには少し劣るものの、まずまず美味しい。
うちでは昨日、焼きホンビノスとして頂きました。
美味しい!!
残りは定番のお味噌汁にでもしようと思います。
良いダシが期待できそうです。

ZAIGLEで焼く時はちょっと注意が必要

ホンビノス貝をザイグルで焼肉と一緒に焼いてみまいした。
徐々に貝が開いてきますが、炭火や直火のようにガバッっとは開きませでした。
温度が直火や炭火より低いせいか、ザイグルだから?
ホンビノス貝が強くて重くて肉厚のせいかは分かりません。
しかも少し開いた後に「ブッシュッ」と弾けておつゆが飛ぶことがありました。
ザイグルは貝を焼くには少し向いてないのでしょうか??
食卓でザイグルを使って貝モノを焼く時は”汁ハネ”には充分ご注意くださいね。
特に小さなお子さんのいるご家庭では、
少し開いてきた貝は人の居ない方に向けておくのが良いです。
ザイグル自体は焼肉をやるぶんには煙も出ないし、肉も野菜もしっかり焼けるので
マンションの我が家ではとても重宝します。(臭いは広がります)
お肉を焼くと、焼き加減が分かりづらいという意見はあるかもしれませんが、
さほどでもありません。気になる方はトングでちょっとずらして照明の下で確認すれば問題ありませんし、
最初に焼いた肉の”ほどよく焼けた時間”をだいたい感覚でみておけばそれでも充分です。
(ただそばに寄ると熱で熱いので、トングは長めの方がいいと思います。)
<Amazonの口コミ>

モノは試し,使って見なくては,と購入しました.
焼き魚はもう少し皮面がパリッとすればいいのですが,全体的にべったりです.
牛肉,鳥も悪くはありま
せんが,炭火の変わりになると思っていたのであれば,その期待は裏切られます.

ただ,煙が出ない,匂いが出ないというアドバンテージは,マンションなどでの使用には
適していると思われます.あと,後片づけがとても楽チンなのは素直に嬉しい.
総論は,“焼き”に関しては,期待をしすぎるとガッカリするよ,といった所でしょうか.

あまり期待をしてなかったが買って良かったです。煙も殆ど出ないし、油ハネもないです。高めのサーロインステーキを焼きましたがとても美味しく焼けました。ハンバーグも焼きましたがふっくら焼けて美味しかったです。油も落ちるしヘルシーですね。焼けるのに時間が掛かるというレビューを見ていたので心配でしたがそこまで気になるほどではないし、焼けたのもちゃんとわかります。カボチャや人参などはチンしてから焼いた方がよいと思います。
デメリットは、周りが熱くなるのとひっくり返すのにも熱いのでトング必須です。それくらいかなー?フラットプレートも買って使ってみたいと思います。

新築で家を購入したばかりで、煙や匂いを気にして、妻に鉄板焼きを禁止されましたが、これを使ってみてビックリ!まったく匂いが残らず大満足です。
肉をよく焼きたければ野菜の上に置いたり工夫すれば大人4人でも余裕です。
ただ、難点はこの周りが激しく暑いくなります。夏場は冷房ガンガンでないと私は厳しいです。

基本的には漁業権がどんな浜辺でも河川でもあります。

例え近所の小さな川でもその川を管理する協会や組合があって
漁業権というものを管理しています。その権利がない者が勝手にそこの生き物を採ると
3年以下の懲役または20万円以下の罰金の対象となる場合があるとか。
オヤジ、漁業権ないのに採ってきてくれてありがとう。ってダメでしょ。
ウィンドサーフィンや釣り人が多い浜辺で、子供を遊ばせながら潮干狩りを楽しむ。
まあ、悪質でもないだろうしちょっとだけなら・・・捕まらないでね~。
どうせ貝を採るなら、きちんとお金を払って採れる場所で採りましょう。
DSC00109.JPG
残りはやっぱりお味噌汁で頂こうかと思います。
しかしデカイ・・・
ちなみに、ホンビノスガイはアサリほど砂を飲み込まないので、砂抜きが手短で簡単という書き込みもありますが、確実にドロっぽいものは吐き出しますので、気になる方は必ず海水もしくは塩水につけておくことをお勧めします。
ではまた。

スポンサーリンク







-ライフ
-, ,

関連記事



Copyright© いいとこさがそ , 2017 All Rights Reserved.