娘_幼稚園 娘の成長

早く寝ても朝起きれない?そんな子供が自ら言い出した早起きのアイデア

投稿日:2017年2月11日 更新日:

みなさんこんにちは。

朝の忙しい時間に、何度も寝室に子供を起こしに行くのって、正直しんどいですよね。

まあ、自分はどうだっかというと、子供に言えないくらい、朝が弱かったのですが・・・

親に何度も朝、起こされていた記憶があります。

正直、わたしの悪いところをいろいろ引き継いでしまってるなあ(*´▽`;)

といつも心配になる娘です。

朝起きれない娘

そんな娘ですが、やっぱりいつも朝一人で起きれないのです。

まだ幼稚園児だし、自分からスッと朝起きてくるなんてことは望んでません。

ただ・・・

朝は二度、三度「もう起きなさーい!」と声をかけたら、なんとか起きてきて欲しい。

 

こちらも、仕事に出かける準備もあるし、嫁さんは朝食やお弁当の準備で忙しい。

なのに、いつも幼稚園に行く時間ギリギリまで寝ていて、最後はしかたなく叩き起こす。

そして泣く ( ノД`)シクシク…

そんな日々が続いているのです。

スポンサードリンク

 

それでも、今まで何もやってこなかったわけじゃないんです。

タイトルにもあるように、早く寝かせる習慣が大切。

早く寝れば、早く起きれるはず。

この、しごくまっとうな理論で、夜8時30分には歯磨きをさせ、9時には寝かしつけるということもやってきました。

それでもごくたま~にちゃんと起きれるくらい。一向に早起きになってきたという兆しはありません。

 

「娘よ、きみの睡眠欲はなんぼ程あるの?」

「いったい何時間寝たら気がすむの?」

もう赤ちゃんや、幼児じゃないんだから、1日に10時間以上とか寝なくても平気だよね・・・?

娘の睡眠の深さと、寝起きの悪さに、本当に毎日手を焼いています。

目覚まし時計を近づけようが、布団をはがそうが、身体をゆすろうが、まあ何をしても起きてくれません。

毎朝娘を起こす。それだけで気力と体力を削られてしまう程のひどさなのです。

朝起こすために試してきたこと

娘を朝起こすために、今までいろいろと試してきたことを振り返ってみます。

まず、朝起こすこともそうですが、そのためにはやっぱり前日からの準備が大切ですよね。

なので、とにかく寝かせないようにする。ということを気をつけてみました。

(実際には、わたしは夜まで仕事で帰ってきませんので嫁さんにお願いしました。)

 

1.夕方寝をさせない

これは効果あり!と思ったこともありました。

保育園と違い、幼稚園にお昼寝の時間はありません。

なので、幼稚園の帰りに外でいっぱい遊ばせる。そして帰ってきてもなんとか寝かせないように、いろいろやらせたり、テレビを見せたり。

5時前にはお風呂に入れたり。

これは結構効果があったと聞いてます。

でも娘も体力がついてきたせいもあり、寝なくてもだんだん平気になってきたのか、徐々に効果は薄れていきました。

そしていつの頃からか夜更かしに・・・

 

2.枕の神様へお願いする

これは皆さん経験があるのではないでしょうか・・・

わたしも大事な用事がある日や、朝仕事で早起きをしなければならい、遅刻できない日は、今でもたまにやっています。

まず、「神様とは」の概念的な説明をするところから始まり、なんとか娘を説得。

「まくらのかみさまにお願いしたら、きっと起きれるよ(*´▽`*)」

そうやって前日に何度か言い含め、娘が実際にまくらに向かってお願いごとをしたのを見届けてから、「じゃあ、おやすみ~」と言って電気を消して部屋を出たのです。

翌日は効果がありました。しかし1日、また1日と過ぎるうちに、娘はまくらを使わないようになっていきました・・・

寝るときにまくらを使わない。

わたしには無理ですが、娘は密かに特技を身につけたのかもしれません。

 

3.おやすみロジャーを読み聞かせ

テレビやネットで話題になった絵本。

「おやすみロジャー」という絵本を購入し、部屋を少し暗くして読んでみたのです。

この本には、いろいろと催眠を誘発するような、心理学的要素が含まれており、同じ言葉を繰り返したり、眠りにつきやすいような感じで物語が展開していくのですが、途中で読んでるわたしの方が寝落ちをしてしまいました。

これは厳しい ( ;∀;)

そして最後の手段

 

4.朝の霧吹き

これ、ほんとはここまではでしたくないんです。

私も。

前の日に娘と約束することにしました。

「明日、朝起きなかったら、霧吹きをかけるよ」

すると娘が

「いいよー」とニヤニヤしながら一言。

「ほんとに朝起きれなかったらかけるからね」

 

ん~。やるとは言ったものの、気が引けます。

そして翌朝・・・

いつものように娘は仰向けになって、ガーガーと寝ています。

暑かったのか、布団をはぎ取り、シャツを腹までめくり上げ、パンいちといういつもの寝姿(-_-;)

「おーい、起きなさーい、もう朝だよ!」

1回ではもちろん起きません。

なので、2回目に声をかけに行った時にいいました。

「霧吹きかけるぞ~」

すると娘が少し「ニヤッ」としながら、「もう起きる」と言って、自ら布団を出て起きていったのです。

これはいい!

そう思いました。しかしこの手も長くは続きませんでした。

どうしても起きないときがあり、「もう霧吹きかけるよー!」

って宣言してから、それでも起きないので、シュッ としたら

「もう、パパのバカ!嫌い!」って。

まあ、そのまま布団をかぶってしばらく出てきませんでした。

わたしもさすがに威嚇用の霧吹きをかけてしまったことに、後悔しました(;一_一)

そりゃあ誰だって朝からそんなことされたら、たまりませんよね。

娘が朝起きるために自ら言い出したこと

もうすぐ小学生になるのに、このまま早起きが身につかないのはまずいですよね。

他の子供達はどうなのか気になるものの、何か良い手はないかと毎日焦っています。

今よりも30分から1時間くらいは、早起きしないといけなくなるのですから。

 

娘もそんな親心を察したのか、それともおNewのランドセルが届いてテンションが上がったからなのか、こんなことを言いました。

 

「明日朝おきるために、コラショの目覚ましと、ウェットティッシュを持って寝るね!」

 

コラショというのは、「チャレンジ1年生」のおまけに送られてきた、しゃべる目覚まし時計です。

どうやら娘は、コラショで起きて、目を覚ますために、自分の顔をウェットティッシュで拭いて、起きる作戦のようです。

 

不安しかありません・・・

がしかし、娘が自ら前向きに言い出したことです。

これは親としてはどんなことでも前向きに応援しないといけません。

娘よ、そうはいったものの、

明日は幼稚園お休みだよ・・・

 

それで本当に起きれるのか、楽しみにしておこうと思った昼下がりでした。

結果や経過はまた追記していこうと思います。

 

(追記:2017/02/22)

どんなもんかと期待していたのですが、結果はダメでした。

もうウェットティッシュに手を伸ばそうとすらせず。

ゆすっても何をしても起きてくれませんでした。

 

自分で言ったことも忘れちまったのか・・・

ちょっと悲しくなりました。

しばらくしたある晩、娘にこのまえ自分で起きる工夫をしたのに、朝起きてこなかったことを確認し「なんでかな?」と聞きました。

そしたら、「できなくてもあまり強く言ってこなかったから、もういっかなあ」と思ったらしいです。

はぁ。。。

 

しかし、また違う日に今度は優しく声をかけてあげるだけで、娘がちゃんと起きてきたことがありました。

もう何が正解なのか分かりません。

優しく起こして起きてくるならそれに越したことはありませんよね。

なのでしばらくは、段階的に「優しく声をかける」→「ちょっと大きな声をかける」→「激しく起こす」の3段階で起こそうと思います。

また変化があれば追記していきたいと思います。

スポンサーリンク







-娘_幼稚園, 娘の成長
-,

関連記事



Copyright© いいとこさがそ , 2018 All Rights Reserved.